タオルを作る注意点

オリジナルタオルを作ろうとすると、たくさんこだわりが出てきてしまうかもしれません。そしてこだわればこだわるほど、製作に時間がかかってしまうのです。ここがオリジナルタオルを作るにあたっての注意点といえます。もし間に合わせたい期日があるのであれば、なるべく早く準備して依頼しておきましょう。最低でも2~3週間は見ておいたほうがいいです。何度も校正したり、当初の考えと変わってしまったりすることは往々にしてあります。

また、サイズやデザインによってかかる時間がずいぶんと違ってくることもあります。最初の段階で、どれくらいの時間がかかりそうか、業者に見積もりを出してもらうとよいでしょう。

また、あたりまえかもしれませんが、タオルのデザインは、出来上がってからでは、修正することができません。きちんと最終チェックを行うことを忘れないようにしましょう。

データを用意する時間が必要になることも忘れてはいけません。手書きのイラストや用意したデザインがスムーズに印刷されるわけではなく、タオルに印刷できるようなデータに仕上げなければならないので、デザインが決まっていればいいわけではないということがあります。

期日やこだわりに関する注意点はありますが、基本的には業者に相談しておけば問題はありません。オリジナルタオルの作成を楽しみましょう。

デザインを考えよう

次に、タオルに印刷するデザインを考えましょう。これに関しては、イメージは自分で軽く考え、あとは業者と相談しながらデザインを考えるのがおすすめです。

まずは自分のイメージをかためましょう。たとえば、入れたいイラストがるのであれば、手書きで書いてみたり、入れたい写真を用意したりといったことです。ワードやエクセル、イラストレーターなどのデザイン技術を使って基本的なデザインを考えてもよいでしょう。

ただし、これらをそのまま使いたいのであれば、データをそれ相応の形に変換するなどしなければなりません。このあたりは、よくわからなければ専門業者に教えてもらえば問題ありません。難しく考えず、こういうものを作りたいというというように相談してみてはいかがでしょうか。

文字やイラストを前面にプリントするか、一部だけにするかなどでも印象は変わります。色をいくつ使うかなどもデザインによって計算が必要。色が増えると金額もかかることがあるので、予算を踏まえて考えてみてください。いろいろと考えることもありますが、率直にどんなデザインにしたいかを思い浮かべてみましょう。考えられなければ、業者にサンプルを見せてもらうのも手です。

基本を考えよう

オリジナルタオルを作るには、何から考えていけばよいのでしょうか。一つの判断として、サイズを考えなければならないということがあります。実用性があるのはフェイスタオルやミニタオル、ハンドタオル、バスタオルなどといった類です。プレゼントするのであれば、実用性も大事なので、この辺りは作るに当たって重要な判断基準となるのではないでしょうか。メッセージを多く入れたいと思っていたり、イベントで使ったりしたいのであればスポーツタオルなどが面積も広く、デザインを込められるのでおすすめです。

次に生地を考えてみましょう。一般的に使いやすいのは、パイル地のタオルです。家庭で使いやすく、実用性があります。値段も手ごろで吸水性などもかなりよいですが、プリントするにはあまり向いていない素材でもあります。印刷した文字が荒くなってしまう可能性があるからです。印刷したいのであれば、シャーリング地がベスト。パイル地に比べて目を細かく設定しているので、少しリッチな印象にもなります。

枚数がどれくらいかも考えましょう。個人で楽しむのであれば少なめに設定したほうがよいですが、多めに頼んだほうが一枚当たりの枚数が安く済むこともあります。

オリジナルタオルとは

オリジナルタオルとは、タオル生地にオリジナルのデザインやロゴを入れて、この世に一つだけのタオルを作ることです。これはいろいろな役割を果たしてくれます。たとえば、企業名、団体名、個人名などを入れて作り、配ることでそれぞれの企業や団体、個人の宣伝の役割を果たしてくれます。

また、イベントなどでおそろいのタオルをつくり、主催者や来客にくばることでイベントに一体感を持たせることもできます。個人で作り、家族や友人、恋人にプレゼントするのもよいでしょう。箱詰めにしたり、のしを入れたりして、お歳暮などに配るのもよいかもしれません。使い方がさまざまにあり、宣伝としてもプレゼントとしてもアイデアが無限に広がるのがオリジナルタオルです。

いろいろと種類があり、作ることに関してはとてもわくわくすることでしょう。しかし、オリジナルタオルを作るには、個人で作ることは大変難しいので、専門業者に頼むことが必須となります。その際には、デザインをどんなものにしたいか、どういう目的で作ってみたいかを相談してみましょう。専門家の意見があれば、スムーズにほしい分量を作ってもらうことができます。

ふだんあまり作る機会がないものだからこそ、一度作れば記念の品としてとても思い出に残ります。一生に一度のものでなくても、何気ないプレゼントとしても使えるので、作ることを一度検討してみてはいかがでしょうか。ここではオリジナルタオルの作りかたやメリットを紹介します。